ヨーク

ヨークは昔から北イングランドで最も重要な都市でした。

 

ローマ時代、ヨークは北の守備を固める重要基地でした。最初のクリスチャン皇帝となったコンスタンチヌス帝も西暦306年にヨークで皇帝の地位を授けられています。

 

ローマ人が去った後、アングロサクソン人が先住民であるケルト人を追い出し、5世紀にヨークを征服しました。ノーサンブリア王国のエドウィン王はケルト国から王妃を向かえ、キリスト教徒であった妻の影響で627年に洗礼を受けました。そのときに建てられた木造の教会が現在のヨークミンスターの始まりだと言われています。ヨークの町の中いたるところに、いくつもの教会や付属の学校が建ち、宗教都市として発展しました。

 

その後西暦866年にバイキングによって征服されます。バイキングはこの都市をヨーヴィックと呼び、現在のヨークという名前はここから発生しました。バイキングはヨークに定着して、ヨークを北部ヨーロッパとの交易の中心都市として発展させました。

 

1069年、ヨークはノルマン王の支配下に置かれ、その時にウス川にダムが築かれたり、病院、教会などが建てられ、発達を遂げました。

 

中世には城壁、大聖堂、街が完成します。しかし、バラ戦争を機にヨークの力は衰えます。

 

人口10万人。観光とチョコレートが主な産業です。

 記事と写真 ライト裕子
Comments