Glyndebourne

グラインドボーンは、ロンドンから南に車で2時間ちょっと。
ルイスの町の東に位置しています。
夏のオペラで有名なところ。

ここは、盛装していくのがお勧めです。
男性は蝶ネクタイ、ジャケットは黒がやや多いのですが、白も少なくありません。
女性は肩を出したドレスを着ている人が大半です。
ビジネススーツみたいな格好だと、かなり居心地が悪いかもしれません。

まだ、陽が高いころに到着して、お庭を歩くのも素敵です。
遠くに羊が見えます。
「こちら側まで来ないのかしら?」なんて心配はご無用。
Ha-Haになっています。
Ha-Haというのはイギリスのお庭でよく使われる手法で、柵を作らずに(つまり景観を損なわずに)家畜のエリアと人間のエリアをわける方法です。
こちら側からは見えませんが、家畜のエリアとの境が崖のようになっています。


もちろんバーへ直行して、シャンペンを飲むのもアリです。
ハウスシャンペンはグラスだと10ポンド弱。

グラインドボーンでは、中休みの時間を利用して、ちゃんとしたディナーを取ることができるのが魅力。
幕間の中休みは、何と85分。

レストランもありますが、ここではやっぱりピクニックです。
前菜、メイン、デザートとコーヒー、そしてシャンペンがクオーター付いてくるピクニックセットが、一人65ポンドくらいです。
ポーターを予約して、オペラを楽しんでいる間に、テーブルのセッティングはお任せ。
ポーター代は別です。
ピクニックディナーはバスケットに入っているものを自分で取り出してもいいし、給仕のサービスを追加することも出来ます。
それは給仕一人当たり40ポンド。
メニューはいろいろ選べるので、何人かで行って、組み合わせを楽しむのもアリ。

これは私の前菜、アスパラガスとアーティーチョークのサラダ。
ピクニックといってもちゃんとフォークとナイフ、そしてもちろん陶器のお皿です。
メインコースはいろいろ組み合わせてみました。
上から時計回りに、ロブスターのサラダ、ポテトサラダ、ローストビーフ、そして鴨の胸肉。

デザートはグラインドボーン特製サマープディング。
ベリー類がたっぷりで、さわやかな酸味が私は好きだけど、日本の人にはちょっとすっぱいかもね。イギリスらしいところなので、とってもお勧めです。





今回は2日続けて行ったのですが、1日目は快晴。
緑の芝生の写真がそう。
この芝生のところでピクニックです。
ベストポジションは、桑の木の横。
私はグラインドボーンに電話して、場所を(かなり前に)予約しました。
もちろん自分で用意したピクニックの人たちも結構います。

次の日は残念ながら曇り空で雨が降るかもしれないお天気でした。
そんな時にはバルコニーにピクニックの用意がされます。
だから、雨でも心配要りません。

Comments