ケンジントン宮殿

ケンジントン宮殿は、1997年に亡くなったダイアナ妃の住まいとして、また、大英帝国の女王ヴィクトリアの生まれた場所として有名ですが、実際に王宮として使われていたのは、1689年から1761年の70年間だけでした。

 

1688年カトリックのジェームズ2世を無血革命でフランスに追い払い、ジェームズ2世の長女メアリと結婚していたオランダ人オレンジ公ウイリアムが、メアリとともにイングランド王に迎えられ、前例を見ない共同君臨が実現しました。喘息持ちのウイリアムはホワイトホール宮殿を嫌い、郊外にあったノッティンガム伯爵の私邸を買い取り、クリストファーレンが設計、ニコラスホークスモアが工事監督で改築しました。階段を上がると、王の謁見室、応接室、画廊、女王の応接室、寝室、書斎、画廊と続きます。

 

 ウイリアムとメアリの間には子供は無く、妹のアンは14人もの子供を産みながらひとりも育たなかったので、親戚のハノーバー公ジョージが王位を継ぐことになります。ジョージ1世はドイツを本拠地としており、あまり英国に来なかったので、英国史では非常に影が薄い国王ですが、ケンジントン宮殿ではウイリアム・ケントがジョージ1世のために作った部屋が数多く見られます。

 

オレンジの木のための温室として使われていたオランジュリーは、現在レストランになっています。

 

1760年にジョージ3世がバッキンガム宮殿に移り王宮としての歴史は閉じますが、宮殿は王族によって使われ続けられ、ジョージ3世の息子のケント公にも宮殿の部屋が与えられました。ケント公は外国に住んでいましたが、後継ぎをつくるために英国に戻ってきます。1819年5月24日、ケンジントン宮殿でヴィクトリアが生まれます。半年後にケント公が亡くなりますが、ヴィクトリアは母と家庭教師によってケンジントン宮殿で育てられます。叔父にあたるジョージ4世、ウイリアム4世に子供がいなかったので、ヴィクトリアは女王になり、バッキンガム宮殿に移ります。ヴィクトリアの寝室は、1837年ウイリアム4世の死により女王になったと聞かされた部屋です。19世紀の壁紙やカーテンを使っており、実際にヴィクトリアが使っていたベッドが展示されています。

 

ダイアナ妃は1981年から1997年まで(結婚してから亡くなるまで)ここに住んでいました。現在、ダイアナ妃が公式訪問などに着た服が展示されています。

 

記事と写真 ライト裕子

Comments