アプスレーハウス

ハイドパークコーナーにあるアプスレ-ハウスは、1815年6月15日ワーテルローの戦いでナポレオンを破った将軍として知られているウェリントン公爵のロンドン邸で、「ロンドン1番地」として知られた家です。

 

ウェリントン公爵アーサーは、1769年アイルランドのウェルズリー家の四男としてダブリンで生まれました。イートン校に進学しますが、成績は優秀ではなく、家族の都合もあり、ベルギーの法律学校に移りました。インド総督になった兄と母親の薦めから、兵士となったウェリントンは、徐々に武将としての才能を発揮し、英国軍人として功績を残すまでになりました。ナポレオンの支配下にあったスペインからフランス軍を撤退させ、同時にポルトガルへの侵略を阻止することに成功しました。1815年6月ベルギーのワーテルローで、フランス軍に圧勝し、ヨーロッパ大陸のほぼ全土を支配していたナポレオンを流刑に追い込みました。

 

ウェリントンは全ヨーロッパをナポレオンの野望から救ったとして、民衆からは圧倒的な称賛を浴び、各国王室からは美術品を贈られます。コレクションの中には、スペイン王家より贈られた、ベラスケス、ヴァン・ダイク、ルーベンスなどの絵画や、ナポレオンが離婚記念にジョセフィーヌに贈ったエジプト模様のデザート・セット(結局ジョセフィーヌに受け取りを拒否され、巡り巡ってルイ18世よりウェリントンに贈られた)、そしてプロシア王・ウイルヘルム3世から贈られたベルリン磁器のセット(ウェリントンの功績を細かく描いた64品)などがあります。ナポレオン像(3.5m)はナポレオン自身が当時の一流彫刻家カノーヴァに依頼しましたが気に入らなかったので、ルーブル美術館内の倉庫に保管されていたのを、ワーテルローの戦いの直後に英国政府が買い取り、ジョージ4世からウェリントンへ寄贈されました。

 

退役後ウェリントンは政界に進出し、1828年から30年まで首相を務めるなど政治家として活躍し、1852年ケントのウォルマー城で83年の人生を全うします。


 記事と写真 ライト裕子

Comments