ケンブリッジ

ケンブリッジはオックスフォードと並ぶ有名な大学町です。ケンブリッジは35のカレッジの集合体で、ノーベル賞受賞者が一番多い大学だそうです。 ケム川に沿って、キングス・カレッジ、クレア・カレッジ、トリニティーカレッジと続きます。

 

キングス・カレッジ

1441年、ヘンリー6世によって設立されました。 礼拝堂の扇模様の天井はすばらしいの一言に尽きます。また、ステンドグラスも見事で、裁断にある絵はルーベンスの「三王の礼拝」です。

 

クイーンズ・カレッジ

1448年に、ヘンリー6世の王妃マーガレットによって創設され、その後1475年に、エドワード4世の王妃エリザベスによって再興されたので、「王妃たちのカレッジ」になりました。カレッジの建物から、カム川にかかる幾何学的な形をした橋は「数学橋」という名で知られています。

 

クレア・カレッジ

1326年に、エリザベス・ド・クレアが再建。庭が見事です。現在の建物は1628年から1715年に再建されたものです。 クレア橋は1638年に作られ、ケンブリッジで一番古い橋です。

 

トリニティー・カレッジ

1546年にヘンリー8世によって設立されました。32名ものノーベル賞受賞者を排出していることでも知られています。正面門の上にヘンリー8世の像があります。卒業生にはニュートン、バイロン、テニソン、AAミルン、チャールズ皇太子などがいます。 1695年に完成したクリストファー・レンの設計による図書館には、「くまのプーさん」の手書き原稿なども所蔵されています。

 

セント・ジョンズ・カレッジ

1511年にマーガレット・ボーフォートによって設立されました。ケム川を挟んで校舎が建ち、ため息橋で結んでいます。 ファーストコート(教会、図書館、ホール)、セカンド・コート(古い教会)があり、卒業生にはワーズワースがいます。

 

ラウンド・チャーチ

珍しい円形の教会です。1130年に建てられたノルマン様式の建物です。建物内では、ケンブリッジと大学の歴史についてビデオ上映が行われています。

 

フィッツウイリアム博物館

1837年に設立。エジプト、メソポタミア、ギリシア文明の遺物、陶器、ガラス器などの工芸品、ルネッサンス絵画、印象派の絵画などを収蔵しています。入場無料です。


記事と写真 ライト裕子

Comments